読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元添乗員の国外逃亡旅行記

BUY THE TICKET. TAKE THE RIDE.

桁違いのスケール!憧れの海外グランピング6選

今流行りのグランピング。
「グラマラス」+「キャンピング」で、豪華なキャンプ、みたいな意味で使われている。
 
もともとは英国のセレブたちが危険や不便さを逃れながらも冒険を楽しみたい!と始めたところに起源をもつだけあって、グランピングの目指すところは手つかずの大自然をキャンプという形で身近に感じながらも、面倒なことや不便なことから解放されていかにラグジュアリーに快適に過ごすか、というところにある。
 
それこそ、こぞってできているグランピングサイトはホテル顔負けのサービス充実ぶりだ。
 

f:id:mamfuj:20160801202225j:plain

Glamping in Luxury Tents - Moonlight Camp at The Resort at… | Flickr
 
しかし、学生時代、登山サークルで汗水たらしてテントを担ぎ、食糧も持参して、虫と戦い、石のゴロゴロする中に寝ていた自分からするといいとこ取りのグランピングは、もはやキャンプじゃないよねーといいたくなる。そう、グランピングは、キャンプとは全く別物と考えた方が良いかもしれない。手ぶらでキャンプらしい雰囲気を味わえるリゾート施設といったところだろう。
 
本来キャンプの持つ不便さや不快さは、自然の恐ろしい部分や近付き難い部分を人間に認識させてくれる役目を果たしていた。それが無くなり、誰もが気軽に快適にグランピングを楽しめるようになった今、私たちは自然に対する畏敬の念やある種の恐れといったものを改めて認識しながら楽しむといったことが必要なのではないかと思う。
 
ただ、そうはいっても、楽にちょっとした冒険気分を味わえて、自然の中でまったりできるなんて、そりゃ、いいですよね~。流行るわけだわ。
 
今回は、海外グランピング6選を記事にしてます!個人的にはメキシコのツリーハウスとか、面白そう。
 
こちらからどうぞ↓

www.glam.jp