読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元添乗員の国外逃亡旅行記

BUY THE TICKET. TAKE THE RIDE.

ガイドブックに載らないディープな香港!「九龍城」が蘇る怪しい雑居ビルの世界

たびねす 香港 寄稿トラベル記事

以前香港旅行記にも書いたが、今回は記事にてこの雑居ビルのことを紹介してみた。

 

f:id:mamfuj:20161212192931j:plain

 

香港のディープな雑居ビルとしては、よくガイドブックにも乗っている尖沙咀にある

重慶マンション」が有名だ。

 

「悪の巣窟」やら「バックパッカーの聖地」やら、「第二の九龍城」やら重慶マンションにまつわるディープな解説はよく聞くが、観光スポットとして有名になり過ぎたおかげか、観光客も多いし大してマニアックな感じがしない。

 

近年改修されたこともあり、実際にいってみると結構キレイにになってしまい得体のしれない雑居ビル、というようなワクワク感はあまりないのだ。

 

それに対して、この雑居ビルのインパクトは半端ではない。

 

ちなみに、香港在住のドイツ人Michael Wolf 氏は香港の高層マンションの実態をアーティスティックな視点から撮り続けている写真家だが、彼の作品もまたなかなか面白い。今回の雑居ビルの写真も登場している。

MICHAEL WOLF PHOTOGRAPHY

 

もともと映画「トランスフォーマーロストエイジ~」に出てきた雑居ビルを見てから、そのあまりの圧倒的な姿に香港とはこんなビルがゴロゴロしてるんだろうか、と興味を持ったのがはじまりだった。

 

当時はCGとばかりに思っていたが、なんと実在するビルだと知ったのは香港への旅の下調べをしていた時だった。

 

なんの観光スポットでもない、ごく普通の香港市民の生活に密着したビル。観光ガイドには乗らないリアルがそこにあった。

 

記事へはこちらからどうぞ↓

guide.travel.co.jp