読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元添乗員の国外逃亡旅行記

BUY THE TICKET. TAKE THE RIDE.

チェコ・スロバキアの美都とハンガリーの大平原 ④ ~バラトン湖・ヘレンド・パンノンハルマ・ブラチスラバ~

以前働いていた会社のツアーに両親が参加してきました。添乗をしたことのあるツアーとほぼ同日程なので今回は2人が旅したチェコスロバキアハンガリーの旅行記を代筆します。【旅行時期:10月初旬】

 

 朝ホテルを出ると、「ハンガリーの海」とも云われるバラトン湖が変わらぬ姿で眼前に広がっていた。

 

ハンガリー随一のリゾート地であるバラトン湖は、夏になるとバカンス客で賑わう。湖畔に吹く風が心地良い。

f:id:mamfuj:20150115194343j:plain

 

 

 

朝の散歩を終えると、バスは新たな目的地へと向かう。

 

本日最初に向かったのは、世界的に有名なハンガリーの陶磁器ブランド、ヘレンドの工房だ。

 

街から少し離れた小さな村里に、その本社及び工房があった。

 

門前では、早速ヘレンド製の巨大なライオンが出迎えてくれる。

f:id:mamfuj:20150115192729j:plain

 

f:id:mamfuj:20150115192721j:plain

 

 ヘレンド本社で働くスタッフは総勢1700人。全員が厳しい基準をクリアした精鋭たちだ。

 

また、ヘレンド社の株主のほとんどは工房で働く職人であり、そういった面でも製品の質が保たれているという。

f:id:mamfuj:20150115192735j:plain

 

全てが伝統的な技法による気の遠くなるような手作業の賜物。

f:id:mamfuj:20150115192741j:plain

 

工房には、カフェ・レストランが併設されている。工房見学を終えたら、優雅にコーヒータイムといきたい。

f:id:mamfuj:20150115192751j:plain

 

ヘレンド製のカップで頂く珈琲はまた格別であり、この一杯に職人たちの思いが込められているように感じる。

f:id:mamfuj:20150115192758j:plain

 

f:id:mamfuj:20150115192802j:plain

 

 

 

 

続いてバスは、ハンガリーにおけるキリスト教布教の始点となった地パンノンハルマへと向かった。

 

ブダペストから西へおよそ100キロ、辺りは長閑な田舎の風景が続く。

 

ふと見上げると、ブドウ畑に囲まれるようにして小高い丘があった。

 

丘のてっぺんには、世界遺産パンノンハルマ修道院が聳えている。

f:id:mamfuj:20150115192832j:plain

 

世界で最も古いベネディクト会修道院である。

 

ベネディクト会とは、カトリックにおける現存する最古の修道会。

 

彼らの戒律である「清貧、純潔、服従」というイメージ通りの、簡素かつ清らかで静謐な修道院内部。約千年の歴史をもつといわれている。

f:id:mamfuj:20150115192838j:plain

 

更なる見所は、併設された古文書館にあった。

 

なんと実に36万冊の書物を収容するとされるこの古文書館は、足を踏み入れたものを圧倒する。

 

修道院は信仰の場であるとともに学問の場にもなった。ハンガリー教育史はまさにここから始まったのである。

f:id:mamfuj:20150115192843j:plain

 

 

 

さて、ハンガリーとはここでお別れだ。ここからは中欧の美しき小国、スロバキアへ入って行く。

 

首都ブラチスラヴァドナウ川の両岸にできた美しい街で、ブラチスラヴァ城の高台から対岸を見下ろすと、新市街の様子がよく見える。

 

かつてはハンガリー王国の一部でもあり、ハプスブルク家とも切っても切れない関係にあったブラチスラヴァ。本日の最終目的地はこの街だ。

f:id:mamfuj:20150115193001j:plain

 

新市街を見下ろす位置にあるブラチスラヴァ城。

f:id:mamfuj:20150115192905j:plain

 

あのマリアテレジアも好んでここを居城としたという。

f:id:mamfuj:20150115192951j:plain

 

旧市街に足を向けよう。あまり日本人には馴染みの無い街かもしれないが、実は古き良きヨーロッパの姿が美しく保存された、小さいけれどそぞろ歩きの楽しい街なのである。

 

旧市街の中心には適度な広さのフラヴネー広場がある。明るい色使いの壮麗な建物が並び、老舗のカフェが軒を連ねる。

f:id:mamfuj:20150115195220j:plain

 

Cafe Mayerは広場の中でも一番の老舗。

f:id:mamfuj:20150115193042j:plain


Kaffee Mayer - U nás nájdete všetko pre milovníkov skvelej kávy a sladkého pokušenia.

 

ブラチスラヴァは、気の赴くままに歩くのが良い。

 

何気なく石畳の路地に入りアーチを潜ると、素敵なオープンカフェがあったりする。

f:id:mamfuj:20150115193055j:plain

 

ふと視線を上げた先に、思いもしない美しい風景を見つけることも。

f:id:mamfuj:20150115193106j:plain

 

この街は、あちらこちらにアーチかあって、それがまた良い味を出している。

f:id:mamfuj:20150115194915j:plain

 

ブダペストほど大規模でなく華やかさも劣る。しかしどこかホッとする、そんな街角なのである。

f:id:mamfuj:20150115193954j:plain

 

ブラチスラヴァは、少し変わったストリートアートでも有名だ。

 

古い石畳のあちこちに、リアルなおじさんが見え隠れする。

f:id:mamfuj:20150115193912j:plain

 

f:id:mamfuj:20150115193350j:plain

 

 

f:id:mamfuj:20150115193357j:plain

 

この古い街には、現代アートさえもが不思議と調和してしまう。

f:id:mamfuj:20150115193959j:plain

 

 

今宵は、石畳の似合う古くて優しいこの街で、旅の疲れを癒やすとしよう。

f:id:mamfuj:20150115194006j:plain