元添乗員の国外逃亡旅行記

BUY THE TICKET. TAKE THE RIDE.

寄稿トラベル記事

混雑しない京都の別世界!薬膳カフェ素夢子古茶屋は絶好の癒し空間

京都に住んでいた頃好きでよく通っていた古茶屋。 創業280年の帯問屋「誉田屋」の一階をリノベーションしている。三条烏丸、常に混み合う人気カフェ「伊右衛門サロン」のすぐ近くにありながら、こちらはうって変わって不思議なほどの静寂に包まれている。 日…

千と千尋の湯殿!?シンガポールに現るド派手な仏閣・仏牙寺

「千と千尋の神隠し」の油屋のモデルとなったのは九份が最も有名である。 しかし、シンガポール・チャイナタウンに佇むこの寺院の姿に、千と千尋を思い浮かべる人も少なくないはずだ。 Buddha Tooth Relic Temple | taken at Chinatown, Singapore | Flickr …

“すべてに美しい”究極の名宿・修善寺温泉「柳生の庄」

究極の名宿「柳生の庄」は伊豆、修善寺の竹林に佇む大人の隠れ家だ。 カリスマ左官、久住章氏が監修し、なんとのべ1300人もの職人が関わった本数寄屋造りの日本建築美。 修善寺の里山の風情に元料亭のプライドをかけた料理、全てに美しい宿とは、まさに…

海上のスパに森の絶景バー!アヤナリゾート&スパ バリは南国情緒抜群

どっちかというとあまりリゾート旅はしない方だけど、バリ島にあるアヤナリゾート&スパ バリはよかった。 個人的には、インド洋の上で受けられるスパオンザロックがオススメ。更にアヤナの代名詞、崖の上のロックバーの拡張、森を感じるフォレストバーの新設…

至福の大人旅!森に溶け込む隠れ家温泉「箱根強羅白檀」

今も昔も根強い人気を誇る箱根。 そんな箱根にも新たな宿が続々オープンしている。 今回は、箱根強羅にある2016年にオープンしたばかりの宿「箱根強羅白檀」 をご紹介。「白檀」の香りがテーマの癒しの宿、ぜひご覧あれ。 こちらからどうぞ↓ guide.travel.co…

旅のプロ直伝!海外ひとり旅上手になるための8つのコツ

ひとり旅派の私。 今回は、これからひとり旅に挑戦してみたいな、もっとひとり旅を楽しんでみたいな、という方のために、ひとり旅ハウツー記事を書いてみました。 元添乗員ならではの目線も入ってます。 超便利なお役立ちサイト&アプリや小粋なグッズも紹介…

これぞギリシャの穴場!カラフルポップなザキントスタウン

SNS映え半端なし! ちょっと人と差を付けたい、みんながまだ知らない場所へ旅してみたい、そう思う方も多いのでは。以前、こもブログでも旅行記として書いたギリシャ、ザキントス島。 ザキントスタウンはまさにそんな旅好きにピッタリな穴場だ。色彩に溢れま…

浪漫香る幻のシークレットシティ!ヨルダン・ペトラ遺跡が世界で最もアドベンチャラスな理由

数ある遺跡の中でももう一度訪れたいと思う場所はどこかと問われたら、それはやはりヨルダン南西部にあるペトラ遺跡と即答する。 この遺跡は、見渡す限り続く砂漠、荒れ地に突如現れる岩山にまるで隠されるようにして存在している。 _Image_995 | Petra by n…

元添乗員直伝!とびきりフォトジェニックなヴェネツィアに出会う方法

世界でも知らない者はいないというほど、超有名な観光地ヴェネツィア。 どちらかというとニッチな場所を好む筆者だけれど、ここヴェネツィアを訪れた時にはその美しさに唸らざるを得なかった。 街がまるごと水の上に浮かんでいるという独特の姿、入り組む路…

本当は秘密にしたい!ウィーン・シェーンブルン宮殿を独り占めできる裏技

かつて、「陽の沈まない帝国」と謳われたハプスブルク帝国。 そんな強大な帝国がかつて栄華を誇った古都ウィーンには、今なおあちらこちらに宮廷文化が息づいている。 ウィーンの人気スポットのひとつと言えばシェーンブルン宮殿だが、女帝マリア・テレジア…

二千体のお雛様!?長野昼神温泉「石苔亭いしだ」は極上の隠れ処

信州の隠れた穴場、長野県阿智村の昼神温泉。 そこにある宿の中でも「石苔亭いしだ」はとっておきの隠れ処だ。 日本一の星空で知られる阿智村は山々に囲まれた静寂漂う温泉郷だが、 いしだは極上の癒しを約束してくれる。 隠し扉の奥にあるシアタールームや…

男前すぎる街キューバ・ハバナ!渋カッコいいアメ車の写真が簡単に撮れるイチオシスポット

カリブ海に浮かぶ国キューバ。 2016年何かと注目を浴びたこの国だが、近代化の波に取り残されたかのような古びた街並みは、幸いまだ健在だ。 とりわけ、多くの人々が目当てに訪れる古いアメ車の姿にはなるほど心を鷲掴みにされる。 今回は、そんなキューバの…

レトロ・スウィーツ・隠れ家!札幌で通に愛される個性派カフェ3選

個性的で居心地の良いカフェが多い札幌。 とくに、札幌はスウィーツのクオリティと量が東京とはまるで違うところがまた カフェの質を高めているといっても良い。 今回は、そんな札幌のカフェに絞って紹介してます。 こちらからどうぞ↓ guide.travel.co.jp

ローマの絶品パスタ。今食べるべき一皿はこれ

イタリアでは、やっぱり食べたいパスタ。 Carbonara @ malpasso - WP_20130520_001 | Carbonara is an Ita… | Flickr 今回は、ローマで食べられる絶品ご当地パスタに絞って紹介してます。 こちらからどうぞ↓ italyii.me

異色のイタリア。ハプスブルクの薫り漂うカフェの街「トリエステ」へ

イタリアという国は南北に長く、1861年のイタリア統一まで永いこと小国に分かれて独自の文化を育んできた。 したがって、同じイタリアという国を旅していても訪れる地域ごとに驚くほどに印象が違うのが面白い。 トリエステはイタリア北部、スロベニアの国境…

迷宮都市モロッコ・フェズの邸宅で体験!絶品モロッコ料理教室

モロッコの迷宮都市フェズ。 入り組んだ路地裏、抜け道、袋小路と彷徨い歩き好きにはたまらない迷宮。 しかし、路地だけではないフェズの楽しみ方もある。 それは以外にも料理教室だ。 隠れ家のようなリヤドで、食材の買い出しから体験できる料理教室のこと…

アートに触れるミラノ旅。耳寄りな博物館と話題のオシャレホテルをチェック

イタリアで「スタイリッシュ」という言葉が最もしっくりくるのは、断然ミラノだ。 Alfa Romeo Museo Storico OCT 2015 | Susana Ferreira Machado | Flickr ミラノに初めて降り立った時、道行くミラネーゼのファッション意識の高さ、グルメや ショップの洗練…

アマルフィやカプリ島観光にも便利! イタリアの楽園「ソレント」でやりたいこと

南イタリアへは仕事で何度か訪れたが、まさに「楽園」と呼ぶにふさわしい場所だった。 人々は楽天的で人懐こい。 ツアーを率いる添乗員としては、彼らの悠長さに時にイライラさせられることもあったが、仕事を離れて一個人として見る場合には彼らのそういっ…

ガイドブックに載らないディープな香港!「九龍城」が蘇る怪しい雑居ビルの世界

以前香港旅行記にも書いたが、今回は記事にてこの雑居ビルのことを紹介してみた。 香港のディープな雑居ビルとしては、よくガイドブックにも乗っている尖沙咀にある 「重慶マンション」が有名だ。 「悪の巣窟」やら「バックパッカーの聖地」やら、「第二の九…

大人シックなクリスマスシーズンのヴェネツィアへ

カトリックのお膝元、イタリアはクリスマス本場の国だ。 しかし、日本でのお祭り騒ぎと違ってイブや当日は意外に静かなのが特徴。 店は閉まり、人々は家々に集って家族で団欒する。 ここではクリスマスはただのイベントではなく、信仰を確認する大事な行事な…

美しすぎる秋のトスカーナ。小さな街で旬の味覚を存分に堪能しよう!

トスカーナは、小さいならがらも珠玉の村々が集まる魅力に溢れた場所だ。 Volterra in Tuscany (Italy) | Polina F | Flickr 小さな村や街の美しさもさることながら、美酒、美食の世界的産地としても名高い。 秋冬は特に、白トリュフや栗、ポルチーニ茸など…

モロッコの青い街「シャウエン」にはもう一つの絶景があった

ここ数年でだいぶ知られるようになった、モロッコ北部の小さな街シャウエン。 「青一色の世界」として有名なシャウエンだけれど、今回はあえて青以外に注目 してみたい。 シャウエンの街に潜む、青以外の絶景とは。 こちらからどうぞ↓ guide.travel.co.jp

ラピュタのモデル!フランス・天空に浮かぶ村「コルド・シュルシエル」

世界中に点在するジブリ作品の舞台。 「天空の城ラピュタ」のモデルと言われる場所も世界にいくつか存在する。 ここ、南西フランスミディピレネー地方にある美しい村もその一つだ。 その名も「コルド・シュルシエルー天空の村ー」 名前の由来は、小高い丘か…

独特の静寂が漂うバロックの街、ラグーザへ

地中海の要所にあることから、古くから様々な文明が行き来したイタリア半島の南、シチリア島。 混沌とした街並みが印象的なシチリアのイメージだけれど、ここラグーサはそんなシチリアで異彩を放つ街だ。 全ての建物がバロックという一つの建築様式で統一さ…

知る人ぞ知る、ドイツの素敵な列車旅。魔女が集まる森を走るハルツ狭軌鉄道

ドイツは森の宝庫だ。 神秘的な広がりを見せる黒々とした森、そしてそこに点在する古城や小さくロマンチックな木組みの街などがどことなくおとぎ話の世界を連想させる。 ここハルツ山地もそんな森の広がる地帯のひとつだ。 魔女伝説が残る山地などといえば、…

ジブリ作品のモデル&舞台を体感できる観光スポット23選

ジブリ作品というのは、おそらく多くの子供たちにとって永遠の憧れの対象であるだろう。 ジブリ作品は日本に留まらず、世界中にそのモデルとなったといわれる場所が点在し、旅人にとっても憧れのひとつとなっている。 今回は、ジブリ作品のモデルといわれる…

ヴェネツィアの可愛い離島「ブラーノ島」で、伝統のレース刺繍に触れる

ヴェネツィアを訪れる観光客のほとんどは、本島のみに上陸して終わることが多い。 けれど、時間に余裕があるならばぜひ本島以外の島々にも立ち寄ってみたいところだ。 ガラスで有名なムラーノ島、刺繍で有名なブラーノ島は島々のなかでも特に人気が高い。 Bu…

美食のパルマ! ボルゴターロの「ポルチーニ茸」は今が旬

正直いって、本場のポルチーニ茸はめちゃくちゃ美味だ。 中でも美食の街と云われるパルマ近郊、ボルゴターロという小さな村は、 この時期絶品ポルチーニで溢れかえる。 ふっくらとして独特の食感が特徴のボルゴターロのポルチーニは、豪快にフライにしたりク…

おとぎの国アルベロベッロを100%楽しむ方法

世界のどこにもない、まるでおとぎの世界のような独特の街をひとつ挙げるとすると、 それは南イタリアにあるアルベロベッロだろう。 Trulli and clouds - Trulli e nuvole (EXPLORED) | Trulli are … | Flickr とんがり屋根に真っ白な壁の、太っちょなえんぴ…

街角ウォッチング! ミラノで見つけたお洒落なイタリア男たち

ミラノに行って驚いたのが、街ゆく人々のお洒落度の高さ。 Elegant Man!! | Felice Rusconi | Flickr ちょっとしたカフェの店員から道端をあるくおじさんまで、とにかく格好いいのだ。 顔が格好いいとかそういう問題ではない。 こなれた着こなしには明らかに…

映画に使われたマッシモ劇場。世界第3位の規模を持つ豪華な内部をチェック

シチリア島のパレルモ観光で、間違いなく上位にくるのがマッシモ劇場だ。 マッシモ劇場は、パレルモが最も繫栄していた時代、その華々しい社交界を彷彿させる絢爛豪華な劇場である。 Teatro Massimo | Alessandro Bonvini | Flickr また、この劇場を一躍有名…

トマトの種類がこんなにあるなんて! 市場で買える絶品トマトの世界

私たち日本人にとって、トマトといえば、大まかに大きなトマトとミニトマトの2種類くらいしか思い浮かばない方も多いだろう。 ところが、さすがトマトを料理に多用するイタリアのこと。 イタリアの市場には、多種多様なトマトの種類が存在する。 Mercato Ce…

ナポリの二大絶品ドルチェ「スフォリアテッラ」と「ババ」

ナポリは言わずと知れたピッツァ・マルゲリータ発祥の街。 道端を歩いていて出会うピッツェリアの数もイタリア屈指だ。 しかし、ピッツァだけに注目することなかれ。 実はドルチェも驚きの絶品。 Sfogliatella - Caffe Vini Spuntini AUD1.50 | Sfogliatella…

ばら撒き土産にピッタリ! イタリアの国民的菓子メーカー「フェレロ社」のお菓子たち

イタリアの国民的菓子メーカー、フェレッロ社。 彼らの生み出すお菓子は、どれも消費者の心を掴んで放さない。 FERRERO ROCHER | Forever sparkling. A timeless combination o… | Flickr イタリアで最もリッチな男といわれたミケーレ・フェレッロだけれど、…

マフィアをもとりこにした!? シチリア伝統のドルチェ「カンノーロ」を食べてみよう

パリッともサクッともいえない独特のクリスピーな触感。 意外なほどあっさりしたチーズ風味のクリーム。 酸味と甘みのバランスが絶妙で、必ずや病みつきになる。 それが、シチリア伝統菓子カンノーロである。 ただし、本場で食べるものに限る。 今回はそんな…

黄金色から漆黒へ様変わり。ヴェネツィア散策は夜がロマンチック

水の都ヴェネツィアは、誰もが一度は憧れる水上の美しい都。 しかし、ヴェネツィアの本当の魅力を知りたいなら、日が暮れてからが実はおススメ。 月明りを映す漆黒の運河に、人知れずゴンドラが揺蕩んで・・・ Morning in Venice, Italy | Morning in Venice…

イタリアでは定番!スーパーでも買える「ヌテッラ」って一体なに?

イタリア発祥の国民的チョコスプレッドといえば、間違いなくヌテッラだ。 その人気はイタリアだけに留まらず、欧米を中心に絶大なる支持を得ている。 crepes | Abi Porter | Flickr 全世界で3秒に1個の割合で売れ続けている超人気商品である。 日本ではま…

九份だけじゃない!台湾の超穴場北埔(ベイプー)はもう一つのレトロスポット

台湾のノスタルジックな街ナンバーワンといえば、九份。 しかし、この北埔の街も負けてはいない。 九份でただひとつ、ネックがあるとしたら観光客の多さだが、超人気スポット故それは宿命といっても良い。 そんな人の多さを排除した九份にも負けず劣らずノス…

キューバの"THE・農村風景"世界遺産ビニャーレス渓谷は馬で巡るのが断然オススメ!

タバコの葉にサトウキビ、バナナ、コーヒーの畑。キューバの名産が一堂に会したようなビニャーレス渓谷は、典型的なキューバ的風景が楽しめる。 ビニャーレスは、ハバナから訪れるにはバスツアーがスタンダードだが、ここでは是非馬に乗ってみて欲しい。 今…

見学がもっと楽しくなる!「ローマのコロッセオ」にまつわる5つの豆知識

古代ローマの歴史的遺物を見るとき、予備知識は必須といっても良い。 とりわけ都市にまつわる遺跡は、その多くが朽ち果て石材が持ち去られ、色褪せている。 したがって、遺跡を見て感動するためには「想像力」がものをいう。 コロッセオなどは本来の姿を留め…

北欧神話の森でピクニック!ヌークシオ国立公園はヘルシンキから日帰りできる夢の世界

ムーミンの故郷フィンランド。 そのイメージ通りフィンランドは国土の約3分の2が森で占められ、まさにムーミン谷を彷彿とさせる豊かな自然が広がっている。 広大な森の中には無数の湖が点在し、その風景は北欧神話に出てくるように神秘的で美しい。 清々しい…

日本にも上陸!ピッツァに似た古代ローマのカリカリ&もっちりフード「ピンサ」って何?

ピッツァのようでピッツァでない、古代ローマのピンサ。 ピッツァよりヘルシーながら、カリッともっちりな食感がたまらない。 今回は、2015年原宿にも上陸したピンサをご紹介。お昼にいかが? こちらからどうぞ↓ italyii.me

万人は楽しめない!?台北「西華街観光夜市」の奇怪でディープな魅力とは

台北といえば、夜市、夜市といえば士林観光夜市と思っている人がほとんどだろう。 だがしかし! 台北には、もっとパンチの効いた、ヤバい夜市が密かに存在する。 オーソドックスな夜市なんかじゃ物足りない!そう思った方はぜひ「西華街観光夜市」の怪しい世…

お土産も食べ歩きも! ミラノの高級食材店「PECK」は、観光中に寄れる夢のグルメパラダイス

ファッション、グルメについてはミラノはやはりイタリアにおける最先端をいく街だと思う。 ミラネーゼたちのグルメ度はかなり高い。 今回は、そんなミラノで老舗と謳われる高級食材店PECK本店をご紹介。日本にも高島屋などに入っているのでご存知かと思うが…

もしかしてマフィアに出会うかも!? 名作映画の舞台を巡りシチリアマフィアを紐解く旅

「マフィア」といえばシチリア島が発祥だということをご存知の方も多いだろう。 マフィア映画好きでなくとも誰もが知るマフィア映画、「ゴッド・ファーザー」は本家本元シチリア島で多くのロケが行われている。 ゴッド・ファーザーに描かれるマフィアは、実…

桁違いのスケール!憧れの海外グランピング6選

今流行りのグランピング。「グラマラス」+「キャンピング」で、豪華なキャンプ、みたいな意味で使われている。 もともとは英国のセレブたちが危険や不便さを逃れながらも冒険を楽しみたい!と始めたところに起源をもつだけあって、グランピングの目指すとこ…

イタリアの夏を過ごすのに最上の穴場?モンブランやマッターホルンをイタリア側から眺めよう!~アオスタ渓谷~

モンブランやマッターホルンといえば、フランスやスイスだけだとお思いではなかろうか。 実は、イタリアからもアクセス可能なのだ。むしろ、イタリアから至る方が大氷河のダイナミックな眺めを楽しむことができたりする。 今回は、スイスやフランスと国境を…

渓谷を見下ろす秘宝の街で、貴族のワインに出会える旅を ~モンテプルチャーノ~

世界でも最も美しい田園風景のひとつとされるトスカーナ。 糸杉並木と、どこまでも続く緑が特徴的だ。 そんなトスカーナの田園風景を見下ろす丘上に、小さな秘宝のような街モンテプルチャーノがある。 Paysage de Toscane (2) | Vu des remparts de Montepul…

海中に潜む007の隠れ家洞窟!カリブ海・バハマのエグスーマ諸島へアイランドホッピング

カリブ海屈指のリゾートアイランドというセレブ御用達の楽園的なイメージがある一方、最近パナマ文書でも有名になったタックスヘイブンの国バハマは、どことなく危険な香りが漂っている。 007シリーズの撮影の舞台によく使われるというのも、そういったバッ…

なぜイタリアの中にエジプトが!? ピラミッドにナイル川…ローマに眠るエジプトの謎

イタリアを訪れたことがあるならば、ローマの教会前などに古代エジプトのオベリスクが立っていたり、トリノには本国エジプトに次ぐ規模のコレクションを収蔵する古代エジプト博物館があったりと、なにかとエジプトに関するものを多く見かけることに気付いて…